読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【ドラマ】織田裕二さん主演日曜ドラマIQ246の魅力について語ってみる

ドラマ

こんにちは、推理モノ・刑事モノのドラマや小説が好きすぎて、シャーロックホームズ専属ライターになることが夢の苦労詐欺です。
今回は2016年10月16日(日)に第一話が放送された織田裕二さん主演ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の魅力に迫っていきます。
IQが高い人って大概変人ですけど、意外とそうゆう人に惹かれたりするもんですよね。

IQ246~華麗なる事件簿~とは?

f:id:ztrabbit02:20161026001537j:plain

ストーリー
IQ246の天才法門寺沙羅駆(織田裕二)は暇を持て余し、事件捜査に首を突っ込んでいた。
そんな彼の「護衛」という名目でお目付け役として派遣されてきたのが、警視庁捜査一課の和藤奏子(土屋太鳳)だった。
彼女はお目付け役を果たそうとするものの、暴走する沙羅駆に振り回され、執事の賢正(ディーンフジオカ)と共に沙羅駆の謎解きに巻き込まれていくのだった。
また、沙羅駆は謎解きをしていくと共に、完全犯罪をそそのかす黒幕「M」の存在を知るのだった。

IQ246もある主人公が謎解きを行い事件を解決していくというお話。
主人公の沙羅駆はその頭脳を使って謎解きを行うことがメインで、犯人と戦って捕まえるのは奏子と賢正のお任せというのが流れのようです。
メインキャストは織田裕二さん、土屋太鳳さん、ディーンフジオカさんに加えて、死体マニアの検視官・森本朋美役の中谷美紀さんです。
この他にも賢正の父親で沙羅駆の以前の執事である賢丈役に寺島進さん、沙羅駆の妹・法門寺瞳役に新川優愛さんなど豪華な顔ぶれです。

主演は織田裕二さん

f:id:ztrabbit02:20161026001958j:plain

振り返れば奴がいる」や「踊る大走査線」・「ロケットボーイズ」などで主演を勤めた織田裕二さんが主演を勤めています。
最近はアマルフィーなど映画での主役が多かった織田さんの久々の主演作品なのではないでしょうか?
僕は特に「踊る大走査線」が好きで、ドラマ・映画ほとんど見たぐらいです。

今回の法門寺沙羅駆はかなり変人なキャラクターであり、特に話し方が独特です。
一部では「しゃべり方が変」や「相棒の右京のパクリじゃないのか?」等と言われています。
ですが、この話し方は相棒の右京や古畑任三郎と同じでポアロをモデルにしているからだと思われます。
なので似てしまうのは当然なのだと思います。

一話目を見て感じたこと

これまで推理系のドラマは大好きで、多数そういったドラマを見てきたのですが、これはなかなかおもしろいです。
実は相棒も古畑任三郎もはまってどちらも見ており、こうゆうポアロみたいな探偵結構好きなんです。
実在していたら、警察の人なんかには煙たがれるのでしょうけど、こういった人のほうが実は全体を見えているんじゃないのかなと思います。

また、主要キャラである賢正や泰子・朋美とのやりとりも面白いです。
沙羅駆は誰に対しても言いたいことを包み隠さず言ってしまうので、一緒に居る賢正はヒヤヒヤものです。
それでもしっかりとフォローできているのが法門寺家の執事なんだと感じさせてくれます。

泰子は沙羅駆に振り回されながらも、徐々に彼を認めていくような形になるのではないでしょうか。
一番笑ったのは朋美で、沙羅駆のキツイ一言に喜ぶというドMキャラを発揮していました。
沙羅駆と検死に関するやり取りをみている限りでは、意外と頭のいいキャラなんじゃないかと思いました。
二話以降どういった展開をしていくのかかなり見ものです。

小ネタ・パロディーが満載

実はこのドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」には脚本やスタッフに「トリック」や「スペック」・「99.9」の人たちが関わっています。
そのため、毎話小ネタやパロディーが盛り込んであるようです。
1話目では犯人役が石黒賢さんだったため、織田裕二さんとダブル主演でヒットしたドラマ「振り返れば奴が居る」のパロディーが入っていました。
石黒賢さんと織田裕二さん二人だけでのかけあいのシーンや泰子がパシリとしてコンビニに向かっている最中に振り返りながら「振り返っても奴は居ない」といった一言を言ったりしていました。
この他にも細かいネタ・パロディーが盛り込まれているので是非探してみてください。

どういったネタだったのか知りたい方は、Neverまとめがありましたので見てみてください。

出ている演者さんに関するネタもあれば、これまでの「トリック」や「スペック」関連のネタ、北斗の拳ネタなどさまざまな小ネタ・パロディー満載です。
僕は「トリック」も「スペック」も「99.9」も「アタル」も見ていて、毎回小ネタを楽しんでいます。
こういった小ネタを探すのもこのドラマの醍醐味の一つだと思います。

まとめ

IQ246のストーリーを始め、出演者や小ネタ・パロディーなど面白い要素が詰め込まれているドラマだと感じました。
また、沙羅駆のライバル的な位置としてなぞの人物「M」が誰なのかも見所だと思います。
主人公の名前が「シャーロック・ホームズ」をもじっているところから「M」はホームズのライバル「モリアーティー教授」をイメージしているのだと思います。

ちなみに1話のラストに「M」と思わしき女性が、それらしいメールを送っているシーンが出てきます。
シーンを見ている限りは中谷美紀っぽく、しかも中谷美紀の役名は森本朋美でイニシャルMのドMキャラです。
「M」の正体はこの線が濃厚なのではないかと思われます。
「M」の正体はぜひ皆さんの目で最終話まで見て確かめてください。

IQ246の公式サイトは↓こちら↓

www.tbs.co.jp