MENU

恋ダンスが話題!「逃げるは恥だが役には立つ」の魅力について

みなさん恋ダンス踊っていますか?
最近Youtubeなんかの動画サイトで恋ダンスが流行っているようです。
僕も逃げるは恥だが役に立つ、通称:逃げ恥を放送開始から見ていて、平匡役の星野源さんが歌うエンディングテーマ「恋」も結構気に入っています。
ちなみに恋ダンスが流行る前からYoutubeに上がっていた「恋」のPVを見て「ダンス踊ってみたいな~」と思っていました。
そんなに逃げ恥についてザックリと紹介していきます。

  • 逃げるは恥だが役に立つとは?
  • 新垣結衣さん演じるいつも前向きなみくり
  • 星野源さん演じる冷静で利己的な平匡
  • 先が読めないストーリー展開がおもしろい
  • みんなも覚えて踊ろう!恋ダンス

逃げるは恥だが役に立つとは?

キャストに新垣結衣さんや星野源さん・古田新さんらを起用していることでも話題の逃げ恥ですが、なによりもそのストーリーがおもしろいです。

大学院卒業後就職難に会い就職できずに派遣社員として働いていた森山みくり(新垣結衣)だが、派遣先で派遣切りにあってしまい無職になってしまう。
家事代行サービスを利用している津崎平匡(星野源)は家事代行業者を代えようとしていたところ、元上司でありみくりの父である森山栃男(宇梶剛士)に頼まれてみくりを週1で雇うことになる。
気が難しく、あまり人と関わろうとしない平匡だが、ちょうどいい距離を保つみくりとの関係は良好だった。
しかし、みくりの両親は定年を気に田舎に暮らす夢を叶えるため引っ越すことを決めてしまう。
現状を維持するためにみくりは平匡に「就職としての結婚(契約結婚)」を提案し、その提案を有益だと感じた平匡は承諾をするのだった。

f:id:ztrabbit02:20161117000427p:plain

普通の恋愛ものやラブコメと違って、一話目で雇用主と従業員という形で契約結婚をするところ。
話を概要を読んだときは「設定がぶっとんでる!」と思い、とりあえず1話見て、はまりました。
ちなみに僕は恋愛系のドラマが嫌いで、王道の恋愛系はほぼ見ません。
ですが、今回みたいなビックリするほどの変化球な恋愛ものは逆に大好きで、過去には杏さんと長谷川博己さんの組み合わせでやった「デート」もはまってみていました。
余談ですがデートは原作者が新垣結衣さんと堺雅人さんの組み合わせでやった弁護士物「リーガルハイ」の人だったのでかなり楽しませてもらいました。

新垣結衣さん演じるいつも前向きなみくり

f:id:ztrabbit02:20161117000547j:plain

f:id:ztrabbit02:20161117000557j:plain

何より魅力的で面白いのが新垣結衣さんが演じているいつも前向きな妄想女子森山みくりです。
ドラマ内でもその妄想がしばしば描かれることがあり、情熱大陸風になったり徹子の部屋風になったりします。
おばである百合(石田ゆり子)には「どうせ情熱大陸の妄想とかしてるんでしょ」と妄想の内容を見抜かれていました。

そんな妄想女子のみくりですが、家事代行としての能力はかなり高く、平匡とも絶妙な距離感を保ちます。
これだけ仕事ができるキャラなのに就職難にあって、派遣切りまでされてしまうのが現代を表しているのかなと感じました。
演じているのが新垣さんなので、「結婚しましょう」ってこんなかわいい子に言われたら、例え契約結婚でも即答で「はい!」と答えてしまいそうです。
またみくりには既婚の兄もおり、こいつがなかなかのKY野郎で、かなりのKYっぷりに爆笑しました。

大学で心理学を学んでおり、臨床心理士の資格も持っているため、相手の心理なんかも分析していたりします。
自分といい距離感を保ってくれる平匡にはかなり良い印象を抱いていますが、時に分析しすぎてしまい、平匡から「分析しないでください」と言われてしまうこともあります。
そんな彼女ですが、平匡のなんでも受け止めてくれる優しさに触れ徐々に彼に惹かれていきます。

星野源さん演じる冷静で利己的な平匡

画像3

f:id:ztrabbit02:20161117000831j:plain

f:id:ztrabbit02:20161117000839j:plain

 

みくりの雇い主となる星野源さん演じる津崎平匡は冷静で気難しく利己的な感じです。
女性にモテたためしがなく、自分のことを「プロの独身」と称しています。
そんな平匡ですが、実は中身はかなりのシャイボーイで、恋愛に関してもかなりのおくてです。
風で寝込んだときに看病してくれたみくりに惹かれていきますが、「向こうがこちらを好きなはずがない」という思い込みも強く、たびたび「僕らはただの雇用主と従業員です」と言って距離をとろうとします。

人とあまり関わろうとしない平匡ですが、周りにはイケメンで先輩社員の風見(大谷亮平)やゲイの疑いがある沼田(古田新)・既婚で円満な家庭を築いている日野(藤井隆)といった個性的なメンバーが集まっています。
契約結婚を周りには黙っているため、会話シーンではすれ違いや誤解が多く、アンジャッシュのすれ違いコントを見ているようでかなり面白いです。
特に沼田は平匡とみくりが仮面夫婦であり、平匡は風見に気がありゲイなんだというかなりこじれた誤解をしていたりします。

みくりに惹かれていく平匡ですが、ここまでの人生で地味な自分が一度もモテたことがないためか、彼女への好意も彼女からの好意も否定し続けてしまいます。
そんな平匡ですがみくりを知っていくことでより彼女に惹かれ、徐々にですが気持ちが変化していきます。
平匡がどのように変化していくかもこのドラマの一つの見所だと思います。

先が読めないストーリー展開がおもしろい

1話目で就職のための「契約結婚」というかなり破天荒な展開になりましたが、2話目以降も全然先が読めない展開が続いていきます。
僕が王道の恋愛物が嫌いな理由の一つが先が大概読めてしまうということろにあります。
ですが、逃げ恥はかなりの変化球なラブコメなので先が全然読めません。

ちなみに原作を書いている海野つなみさんによると逃げ恥は劇のエチュード(即興劇)のような感じで、毎週その場で話の内容を考えているそうです。
ようは毎週思いつきで内容を書いているため、こちらも展開がまったく読めないのです。
この話を聞いたとき、先がまったく読めない展開にもかなり納得しました。

みんなも覚えて踊ろう!恋ダンス


星野 源 - 恋 ダンス・振付 サビを覚えてみるおじゃ!【恋ダンス③】

そしてブームになっているのがエンディングの「恋」に合わせて作られた「恋ダンス」です。
僕はダンスは得意ではありませんが、この恋ダンスは覚えて踊りたいなと思いました。
一見難しそうなダンスなのですが、ダンスの指導している動画を見るとそこまで難しくはない感じでした。
僕は特にサビ後の伴奏あたりの独特の動きが好きで、ここは是非マスターしてみたいです。
皆さんも動画を見て是非ダンスを踊ってみてください。