読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

SEOを業者に依頼する前に、今一度よく考えよう

自社のWebサイトに対してSEOの営業や「Webサイト作りませんか?」といった営業が自分のお店にきたりしていませんか?
営業マンの口車に乗せられて、今にも契約してしまいそうなところまでいっていませんか?
ちょっと待ってください、もしかしたら騙されているかもしれませんよ?
Web業界でSEOの仕事をしている僕がこういった業者に対しての注意点をお教えいたします。

本当にWebサイトが必要ですか?SEOが必要ですか?

まず、現在の会社やお店の状況を考えてみましょう。
しっかりとした店舗集客ができており、毎月ちゃんと売上がでている状況で、お金をかけたWebサイト制作や毎月SEOにお金をかける必要性ありますか?
今よりも範囲を広げて売上を高めたいのはわかりますが、下手に広げて失敗したら元も子もないのではありませんか?

SEO業者のテレアポなんかは特にこういった売上がしっかりある企業や店舗に対して「Webサイト作ってSEO対策して売上を伸ばしませんか」といった感じでアプローチしてきます。
正直サイトもSEOも必要ないはずなのですが、ある程度お金を使ってそれ以上の利益が出るのならと考えてしまい、そのまま契約してしまうのです。
Webサイト作るだけならまだしも、業者にSEO対策を頼むぐらいなら、Web担当を作ってその人に学んでもらうか自分で学んで対策するほうが全然マシですよ。

というのもSEO業者がやっていることって、検索エンジンにサイトが最適になるように土台を作っているだけなんです。
実際には依頼主しか持っていないオリジナルの情報や体験談といったオリジナルコンテンツが一番SEOとしては強いのです。
逆にSEOの業者はSEOの知識しかないこととあくまで対策するサイトはお客さまのサイトなので、何をするにしても許可を得る必要がありますし、お客様から情報を頂くためのメールを送る必要があります。
高い金を払ってこんな二度手間してるぐらいなら、自社でSEOとしてコンテンツ追加するなり新着情報やお客様の声を更新するほうがよっぽどいいのです。

テレアポ&粘る営業に気をつけよう

先程も言いましたが、テレアポはかなり都合のいいことを言って商談に持ち込もうとしてきます。
そもそも、SEOの業者がWebサイトで集客せずにテレアポをしてきている時点で色々とおかしいのです。
その業者自体テレアポをかけないと顧客がいないほど困っていると考えていいでしょう。

テレアポは何が何でも自分たちの利益につなげるため「弊社と契約すればこんなメリットがありますよ」といい面だけを見せてきます。
よくよく考えてみてください、お金を払って契約し対策を行ってもらうことでメリットだけが発生するとは限りませんよ。
下手をすると順位なんてまったく上がらず、デメリットのみばかりなってしまう可能性がありますので、安易にテレアポからのアポイントを承諾してはいけません。

また、もう一つ気をつけないといけないのは営業です。
世の中には「契約してもらえるまで帰れません」なんて言い出して、居座ろうとする営業マンが存在していたりします。
彼らも自分たちの売上のために必死で死に物狂いで契約を取りに来ているのはわかります。
ですが、このような行動は許されるものではありません。
どんだけ居座られてもしっかりと拒否し、それでもダメなら最終手段として警察を呼びましょう。

SEOは万能ではありませんよ

テレアポや営業マンはそれぞれアポや契約をとるため必死です。
そのため、販売しようとしている商品とある程度ズレたキーワードでも「弊社のSEO対策で順位を上げることが可能です!反響に繋げましょう」と都合のいいことを言ってきます。
いいですか、ここでテレアポや営業マンの甘い言葉に騙されてはいけませんよ。

SEOの言葉の意味を調べたり、SEOについて学んでいる人は気がつくと思いますが、SEOはあくまで「検索エンジン最適化」です。
サイト内容と一致してないようなキーワードでの上位にねじ込めるほど万能なものではありません。
きちんとサイト内容に沿ったキーワードを設定し、こまめに更新を行うことで、しっかりとした順位を出していくことがSEOです。
決して商品やサイト内容とあっていないキーワードで上位表示させれるような万能なものではありません。

また、相手によっては「うちで更新からすべてやりますのでお任せください」と言って契約を取ろうとする営業マンがいます。
これも同じく騙されかけていますよ。
SEOの業者はあくまでSEOを行っているのであって、更新代行ではありません。
更新に関してのアドバイスはいたしますが、実際にやるのは依頼主ご自身です。
こんなことを言ってきている時点で契約を断りましょう。

もし契約してしまい解約できない場合弁護士に相談しましょう

営業マンの口車に乗せられてしまい契約してしまっても通常は解約できるシステムになっていたりします。
ですが、解約できない業者も少なからず存在しています。
契約後に支払いできないから解約したくてもできなくて困っているといったことにならないように、契約する前に契約書は読み込むようにしましょう。

それでも契約できないことに気が付かず契約してしまい、解約できない状態になってしまうことがあると思います。
まぁ、そもそも契約内容が解約できないもしくは残りの契約日数分の金額を一括で支払わないといけないようになっている状態の時点でおかしいのですが。
そんな時は弁護士さんに相談してみるのが一番です。

弁護士が介入すると裁判沙汰になることを恐れて、解約してもらえる企業は少なくないはずです。
企業として働いている以上は法律を遵守しなければならないはずですからね。
弁護士に依頼するのにもお金がかかりますが、解約できず仕方なく毎月高額な費用を払うよりはマシだと考えましょう。

BASEにてmetaタグ設定の代行業務承ります

ここまでSEO業者との契約について話してきました。
僕個人の考えとしては業者に頼むよりはWeb担当者を作るまたは依頼主自身でSEOを学び施工するのがSEOとして一番いいと思っています。
ただ、更新・施行に専念できるようにサイトのタイトルやディスクリプションの設定やキーワードの選定といった部分はSEOに詳しいものが必要なのではないかと考えられます。

そこで、今回僕はBASEにてサイト内のmetaタグ設定の代行業務等を販売いたします。
販売するのは以下の内容です。

  • サイト内のtitle、descriptionのmetaタグ設定
  • キーワードの選定、提案
  • 新着情報更新アドバイ

業務内容に関する詳細はBASEサイトを御覧ください。
依頼前に注意点もございますので必ず目を通すようにお願いします。
あなたのサイトのSEOはあなた自身の手でやっていきましょう