MENU

【傑作RPG】小5で出会ったFF9が今でも最高傑作だと感じる理由【ネタバレ有り】

【スポンサーリンク】

ドラクエナンバリングタイトル総選挙実施中!
投票締め切りは21日まで。
↓の記事内アンケートで好きなナンバリングタイトルに投票しよう!
www.kurou-sagi.com 1位のナンバリングタイトルは後日プレイ記事を作るよ!

※裏ボスについて追記しました

f:id:ztrabbit02:20161212184010p:plain

先日ブロガーのヒトデさんが自身のブログでこんな記事を更新してました。

www.hitode-festival.com

読んでたら僕も触発されて昔の良作について書きたくなりました。
そこで今回は僕が小5ではまったFF9について紹介していきます。

常に明るい主人公ジタンが魅力的

f:id:ztrabbit02:20161212184035p:plain

ファイナルファンタジーの9番目の作品であるFF9は盗賊であるジタンが主人公です。
物語はアレクサンドリアに盗賊団タンタラスが劇場艇プリマビスタとしてに訪れるところから始まります。

アレクサンドリアの王女ガーネットは連日悪夢にうなされていた。
その日目覚めると街には劇場艇プリマビスタが丁度訪れていた。
劇場艇プリマビスタは盗賊団タンタラスが扮した仮の姿で、彼らは王女ガーネットの誘拐を企んでいた。
うまく潜り込んだタンタラスはブラネ女王や街中の人達が注目する中劇を開始し、その間にジタンとブランクがアレクサンドリア城に潜り込むことに成功する。
が、実はガーネットも城からの脱出を試みており、ジタンは偶然にもガーネットを見つけ、利害が一致した二人は力を合わせてアレクサンドリアからの脱出に成功する。
しかし、攻撃を受けた飛空艇は盗賊団タンタラス・ガーネット・スタイナー・ビビを乗せて魔の森へと墜落するのだった。

とにかく主人公のジタンが明るくて、ものすごく人を惹きつけます。
オープニングの後、魔の森のボスっぽいの倒すと、魔の森が石化し始めて、主人公一向が必死に森から脱出するのですが、その際にブランクが犠牲となり石化してしまいます。
オープニングからしっかり物語を追っていると、石化したブランクに対してなんと言えない気持ちになります。

その後、連れ去られたガーネットを助けるためジタンは盗賊団タンタラスから離れ、スタイナー・ビビらと共に旅にでます。
魔の森がチュートリアル的な感じで、クリア後にジタンを操ってガーネットを助け、更に旅を続けていきます。
出て来るキャラクター達は過去を背負っていて暗い感じなのですが、おんなじように過去を背負っているジタンがそんなことを物ともせず明るく振る舞っているのがものすごく魅力です。

それぞれの過去を背負いながら戦うキャラクター

ガーネットを始めビビ・スタイナー・フライヤ・クイナ・エーコ・サラマンダーとかなり一癖あるキャラクター達が仲間として集います。
彼らは皆それぞれの過去を背負っているためどこか影があったりします。
唯一クイナが脳天気なキャラだったりするのですが、彼の種族であるク族はあまり生き残りがいないなど、ここもちょっと暗かったりします。

彼らを明るく励まし導くの主人公のジタンです。
それぞれの出生について悩むビビやガーネットを勇気づけたり、スタイナーには仲間であることを認めさせたり、サラマンダーには仲間の大切さを教えるなんてこ止まります。
また、FF9では戦闘時に「トランス状態」という状態が存在し、各キャラ固有の技が更に上位互換された技が使えるといった独自のシステムが存在します。

特にFF9で強いと言われていたのが、パーティにビビとスタイナーがいると使える「魔法剣」です。
スタイナーの剣にビビの黒魔法で属性を付与させて攻撃できるのですが、これがかなり強力です。
でも、僕はスタイナーみたいなキャラがものすごい嫌いで、パーティーに連れて行ったことがほぼないため、この「魔法剣」を使ったことが一度もありません(笑)
今後FF9をプレイすることがあったらぜひ「魔法剣」使ってみてください。

f:id:ztrabbit02:20161212184058j:plain

ラスボスすらも助けようとする神展開

f:id:ztrabbit02:20161212184116j:plain

物語の終盤の方になってくると、それまで仲間を励ましていたジタンの正体が判明します。
ガーランドによって作られたジェノムという存在であり、目的が「ガイアに死の恐怖を降り注ぐ」ことだったとわかりジタンは苦悩します。
しかし、仲間たちやガーネットの支えによって復活し、クジャそして永遠の闇との最終決戦になるという熱い神展開が待っています。

実は小5でプレイしたときDISC4が破損していて、僕はこの時この話を知りませんでした。
高校生になってから再びFF9をプレイして、この話を知ったのですが、高校生の僕でもそれなりに衝撃を受けた展開でした。
そして、最後は暴走するイーファの樹に取り残されたクジャを救いに行ったままジタンは消息を絶ってしまいます。

エンディングではオープニングと同じように劇団がアレクサンドリアに現れて、劇を行い、劇中にジタンが現れガーネットと抱き合って物語が終わります。
このエンディングの時点でビビは動けなくなっているのですが、なんとちっちゃいビビが出てきて、物語を見てきたプレイヤーとしては感無量な気分になります。
そして、最後の劇でジタン登場は鳥肌モノでした。

裏ボスオズマと9999固定ダメージについて

FFシリーズには決まって裏ボスが存在しています。
FF9には「ここほれチョコボ」を進めると使えるようになる空飛ぶチョコボで空中庭園に行くことができ、そこに裏ボスの「オズマ」がいます。
たしか、FF9をやり直した高校時代に一度だけオズマと戦った記憶があるのですが、全滅させられてゲームオーバーを食らってからどうしたのか覚えていません。

オズマは裏ボスですが、倒すのが難しくなく、全員装備を「闇吸収」がついているものにすれば、相手の攻撃で回復できるので苦労しません。
また、クイナのカエル落としのような9999ダメージ固定技があればかなり楽に倒せるようです。
ジタンの盗賊の証も盗むをした回数でダメージが上がるらしく、雑魚でやりまくれば9999になるようです。

このように裏ボスなのに意外と簡単に攻略できるのもFF9の裏ボスの特徴なのかなと思います。

ミニゲームだけでもハマってしまうぐらい面白い

f:id:ztrabbit02:20161212184135j:plain

本編やトランス状態・武器についているアビリティ等といったシステムだけでなく、FF9にはミニゲームもたくさんあります。
ちなみにFF8から続いているカードゲームがFF9にも登場しており、後々11で「テトラマスター」という名前でオンラインゲーム化されました。
現在はサービス終了を迎えているようです。

PlayOnline.com

この他にもチャンバラや縄跳び・だるまさんがころんだ等のものがあり、どれも一定回数いったりすると商品がもらえるようになっています。
得重要なのがクイナ専用のカエル取りと、チョコボの「ここ掘れチョコボ」の2つです。
カエル取りはパーティーにクイナがいる状態でク族がかついて栄えた沼地にいくとできるゲームなのですが、99匹捕まえればクイナの師匠クエールとの戦闘になり、倒すとクイナ最強武器ガストロフォークがもらえます。
また、カエルを捕まえた数はクイナの青魔道士アビリティ「カエルおとし」のダメージに影響があり、101匹捕まえれば必ず9999ダメージが出せるという強力な技になるので、クイナ使いには必須のミニゲームです。

「ここ掘れチョコボ」はチョコボを使って地面掘り宝探しをしていくミニゲームです。
最初のうちは狭いフィールドでそこそこのアイテムが貰えるのですが、DISC3以降でミニゲームを進めておけば、ワールドマップで宝探しをしていくようになります。
しかも、ワールドマップの宝の中にはフライヤ最強武器「白い髭」があるので、フライヤをパーティに入れている人はやっておいて損はないです。
僕はこれを知らずにやっていたのですが、後半の早い段階で「白い髭」が手に入りフライヤも育てていたので、ものすごい戦力になってくれました。

FF9は魅力があり、今やってもかなり楽しめるゲームです。
PS1を持っている人やPS1ができるPS2を持っている人とかは中古で探せばソフトが500円とかで売っているはずです。
また、アプリとして、スマホでもプレイできるので、興味を持った人はダウンロードしてプレイしてみてください。

中古PSソフトファイナルファンタジーIX [アルティメット ヒッツ]840円

FINAL FANTASY IX
FINAL FANTASY IX
開発元:SQUARE ENIX INC
¥2,500
posted with アプリーチ