読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

お客様の声は信じるな!価値観は人によって違う。なぜステマが流行ったか考えろ

SEO お役立ち

お客様の声を信じるな

登場人物についてはこちらの記事を見てね。

www.kurou-sagi.com

ほうほう…なるほど、なるほど…

これでこの値段なら安いな。買って損はねぇだろ!

急にどうしたの?毎日ゴミあさりとネットサーフィンしかしないのに珍しくお金使おうだなんて

ゴミあさりとネットサーフィン以外にもしてるわ!

いや、最近見つけたSEOの情報商材が安くて良さそうだと思ってな。

( ´_ゝ`)フーン、値段いくらぐらいなのよ?

20万

( ゚Д゚)ハァ?馬鹿なの?シヌの?

話は最後まで聞けよ!

購入した人の声みたいなのが載ってて、みんな20万以上儲かって元取れてるらしい。

20万で購入して20万以上の儲けが出せるとか最強じゃね?

…ゴメン、もう一回言うね。

馬鹿なの?シヌの?

な、なんでだよ!?

この世はネット社会よ?

そこに載せられているお客様の声が真実だなんて補償どこにあるのよ?

ぐ…た、確かに、嘘の可能性が無いとは言い切れないけど…。

だ、だけど、逆に嘘だとは言い切れないだろ?

つくづく馬鹿ね。

たとえ本当だったとしても、掲載する側が良い物だけを選んでいる可能性があるでしょ。

た、確かに…だけど、俺はネット上のこいつらの声を信じてぇ!

(´Д`)ハァ…ステルスマーケティングって言葉を知らないの?

ステルスマーケティング?なにそれ?どんな忍術?

分かったは、今回はステルスマーケティングとお客様の声について解説するわよ。

今回はステルスマーケティング・お客様の声について話してくれるようだね。
果たしてクロウくんは20万円の情報商材を購入してしまうのでしょうか?

ステルスマーケティング:通称ステマとは?

ステルスマーケティングとは?

まずは、さっきも言った「ステルスマーケティング」についてね

いったい、どんな忍術なんだってばよ!

前々から思っていたけど、あんた結構安直よね?

ほっとけ

まぁいいわ。

ステルスマーケティングは通称ステマと呼ばれてて、忍術ではないわよ。

違うのか。残念。

ステマは一種のマーケティング手法よ。

ステマの主な手法は2つ存在しているわ。

  • 芸能人にお金を払って商品を紹介してもらう
  • 客になりすまして、商品に関する口コミや記事を書く

上記2つのパターンになるわ。

ステマは過去に散々炎上して問題になったから、今やろうとするようなところは少ないわね。

ヘェ、じゃあ、「ブログとかで依頼がきたのでこの商品紹介します」とかもステマなのか。

なんのために「ステルス」ってついてると思ってるのよ。

格好いいから(〃∇〃)

( ゚д゚)

そもそもステルスって意味わかってる?

戦闘機の名前じゃないの?

おバカ

ステルスは日本語で「こっそり行う」って意味よ。

だから依頼元をちゃんと示して、レビュー・評価記事だってわかっていればステマにはならないわよ。

でも、それと俺が見たSEO商材サイトのお客様の声とどう繋がるの?

それについては次に説明するわ。

昔は何かしらのレビューや口コミに対して「ステマだ!」っていちゃもんつけられていたね~。
ネット社会では大問題となって、いつの間にかテレビのニュースでも取り上げられていたね。

今やるとバレやすいし、「ステマかな?」と疑って見られてしまうから効果が薄いね。
それでも、ステマを行っているサイトがわからないだけで存在はしていると思うから注意が必要だよ。

お客様の声はWEB担当やSEO会社が作ってることが多い

お客様の声は作られている

次はWEBサイトなんかで見られるお客様の声についてね。

おう、俺が見ていたSEO情報商材サイトもちゃんとしたお客様の声が載ってたぜ。

…それ、何を根拠にちゃんとしたものって言ってるの?

そりゃあ、サイト内に「お客様から喜びの声を多数もらっています!」って書いてあったからに決まってるじゃん!

そのサイトを作ったのはそのSEO情報商材を売ろうと思っている個人または開発元の会社だよね?

おお、もちろん!(`・∀・´)

じゃあ、いくらでも捏造できちゃうわよね?

い、いや…いくなんでもそれは…。

もしくは、ちゃんとしたお客様の声だったとしても、一部の良いやつだけを選んで掲載している可能性あるよね?

う…確かに…

いい、こうゆうお客様の声っていうのは、WEB担当者とかSEO担当者がやっている場合が多いのよ。

他のサイトのお客様の声をリライトして掲載して水増ししているようなものよ。

そうか、そうゆう方法があるか。

一種のステマみたいなものね。

お客様の声を捏造する意味

これって、やっぱり商品を売るためにやったりするってことか?

そうゆうマーケティング目的もあるけど、他にも意味はあるわよ。

ん~、あとは…まさか、こんなのが順位に関係してくるとかじゃないよね?

ほぼほぼ正解よ。

(・3・)エェー!?

サイトによってはお客様の声だけで1ページ使っていたりするでしょ?

確かに、よく見る。

お客様の声が1ページで作ってある場合、中身が入っていないと検索エンジンからは「未完成のページ」として認識される可能性があるのよ。

そうか、共通部分以外空っぽのページだから、中身が無いね。

そうなると、検索エンジンからの評価を得にくくなるのよ。

評価を得られないだけだから-にはならないけど、少しでも+にしたいから、リライトでも内容を入れようとするってことよ。

そうか、完成されたページだと認識させて評価を上げようとするわけだな。

そうゆうことよ。

しかも、サイト制作者・管理者側でリライトしているから、内容に自然とキーワードを盛り込ませることができるわ。

ずっちーなぁ

ここで織田裕二ぶっこんでくるあんたの度胸にビビるわよ。

以下2つの目的でWEB担当・SEO担当はお客様の声を入れている可能性が高いってことなのよ。

  • 商品を購入してもらうためのマーケティング目的
  • サイトを完成されているようにし、キーワードを盛り込んで検索エンジンからの評価を上げるため

仕事として順位を上げるためと分わかっていてもWEB担当者・SEO担当者は辛いものね

( ´゚д゚`)エー、こんなの本当かどうか見分けられないじゃ~ん。

そうね、Amazonみたいな大きなところじゃない限りは、基本的には信じないほうがいいわよ。

WEB担当やSEO担当はサイトの評価を上げるため、リライトしてでもお客様の声を入れるなんてことはザラなんだよね。
でも、逆に本当のお客様の声を掲載できれば、オリジナル性が高まって評価UPにつながりやすくなるよ。

毎回お客様の声が入ってないところはお客に「ください」って言うけど、基本的には集めてもらえない。
新着情報もそうだけど、一番SEO的に効果が高いのがお客様に更新してもらう箇所→忙しいなどの理由でやらない→順位出ない→クレームという理不尽パターンが多い。

情報商材系は特に気をつけろ!

情報商材系サイトに気をつけろ

そういえば、俺が見ていたSEO情報商材系サイト、1ページしかなかったな。

ああ、それは多分ライティングページってやつね。

ライティングページ?稲妻でも出せるのか?

すぐ中二病に走るわね。

1ページで商品の説明・資料請求・問い合わせ・商品購入まで促している、商品宣伝用のページのことよ。

そんなのがあるのか。あれは、あれで1個のサイトなのか?

基本的には一般的なWEBサイト内に設置されているけど、独立した形になっているわね。

どうゆうことだってばよ?

1ページ内で完結するように作ってあって、サーバー内の他のページには一切飛べないようになっているのよ。

なるほど。

こうゆうページのお客様の声ってマーケティング目的だけ?

ライティングページはページ単体で検索結果に表示させることも目的だったりするの。

だから、お客様の声も1つのオリジナルコンテンツとしてサイトの評価に影響を与えるから、マーケティングだけじゃなくてSEO目的だったりもするわよ。

これもSEO目的だったりもするわけなのか~(; ・`д・´)

それに、そういった情報商材系のサイトこそ気をつけたほうがいいわよ。

え?なんで?

お客様・購入者の声があからさまで値段も破格、良い面だけをバンバン出して商品購入にこぎつけようとしているだけだからね。

そうか、そんなの単純なバカが引っかかりやすそうだね。

引っかかりかけたやつの言うセリフではないわね。

(;´∀`)

そうゆう時は「商品名 評判」で何か出てこないか調べてみるのもありよ。

もしかしたらその商品に関する評判とかが出ている可能性があるからね。

じゃあ、評判が出てこなかった場合は?

その場合は3つのパターンが考えられるわ。

  • 最近出したばかりの商材
  • 全然売れてない商品
  • 販売元が批判しているサイトの削除依頼をして消している

どれにしても結局お客様の声があからさまにおかしいってことだけはわかるわね。

危うく騙されるところだったぜ!

ライティングページに載せられているようなお客様の声は実際に胡散臭いものも多い。
ページの頭から読んでいって、購入するのもいいけど、購入前に評判や値段を調べるようにしたほうがいいよ。

商材販売元が批判的な内容のものを他社に依頼して削除しているケースも少なくない。
現にウチの会社でもこうゆうことやってるけど、「火のないところに煙は立たない」状態で対応してる人たちはウンザリしてたよ。

ブログのレビュー記事や評価・評判記事のほうが信憑性が高いよ

ブログのレビュー・評価は信頼性が高い

結局ネット上の評価やレビューって信じないほうがいいってことか?

ん~、ここ最近はステマも減ってはいるから信じてもいいけど、痛い目見る可能性は高いわね。

お客様の声を書いてもらったものを画像でUPして、内容が書かれているところは信憑性高いかも。

「購入者からメールが送られてきました」ってやつは?

微妙ね~、こうゆうのはリライトすればいくらでも作れちゃうのが怖いところよね~

「これは確実にステマじゃない」ってやつないの~?

ブログのレビュー記事で「依頼されて~」とか「購入しました」って宣言してるやつは信用できるかも。

100%ステマじゃないってのはさすがにないか。

そうね~、でも、ブログでそうやって宣言して紹介している記事は信頼できると思うわ。

最近は読む側の目も簡単には誤魔化せなくなってきてるから、よほど巧妙なステマ記事じゃない限り見破られちゃうわ。

俺でもネットでブログやりだすぐらいのネット社会だしね~

あなたはカラスからカモになりかてたけどね。

稼ぐためのステマ記事よりも、購入してよかったものを読者にも教えてあげたいって思いで書かれた記事のほうが熱も入るからね。

確かに、熱の入ったレビュー記事のほうが購入したいと思っちゃうな~。

結局、ステマなのかどうか見抜くのは難しいわ。

安易に書いてある内容を信じて購入する前に、一度本当にこれでいいのか考えてほしいわ。

ブレーキをかけることも重要ってことか。

ネット社会だからこそ、いくらでも調べれば情報は出てくる。

出てきた情報をしっかりと精査する目を持つようにしてほしいわね。

一時期ステマが流行ったことも有り、ネットを使うユーザー側も情報を見極めるようになってきてるね。
その反面、載っている情報に踊らされて、簡単に商品を購入する人もまだまだいるね。

ネットに蔓延る情報は捏造も簡単にしやすいもの。
ネット社会だからこそ、情報を精査する真贋がこの先必ず必要になってくると僕はそう思うよ。

まとめ

それじゃあ、クロウくんとシロちゃんが話してくれた内容をまとめていくよ。

  • ステルスマーケティングは忍術ではない
  • ステルスマーケティングは戦闘機でもない
  • こっそりと芸能人やブロガーに依頼して商品紹介してもらうのがステマ
  • 商品の発売元等がお客になりすまして、お客様の声やレビューを書くのもステマ
  • 商品を売るためにお客様の声は捏造されやすい
  • オリジナルのお客様の声ならSEOとしては強い
  • ライティングページのお客様の声は怪しさ満点
  • 1つのサイトだけでなく他サイトで評判が掲載されていないか調べてみる
  • 評判に関する記事が出てこないのも怪しいので注意
  • 100%ステマじゃないと言い切るのは難しい
  • ブロガーさんなんかが作った熱の入ったレビュー記事は信頼性が高い
  • 一番大事なのはユーザーの物事を見極める真贋

よーし!これでしっかりとお客様の声を見極めるようにするぞ~。

とりあえず、この5万ぐらいの商材を購入してみよう。

あなた、もう、カラス辞めてカモになったら?