MENU

【ネタバレ】ついに決着を迎えたハイキュー烏野vs白鳥沢について語る

f:id:ztrabbit02:20161210185331j:plain

つい数時間前の放送でハイキュー3期烏野高校vs白鳥沢学園高校編が最終回を迎えました。
この作品毎週ジャンプで読んでいるので中身は全て知っているのですが、アニメで動いているのを見るとまた違いますね。
漫画の内容をうまく表現していてものすごく感動したので、熱く語っていきます。

ウシワカの存在が大きい白鳥沢学園バレー部

f:id:ztrabbit02:20161210185359j:plain

2期の終盤では青葉城西との激闘が数話に跨って放送されていましたが、今回は白鳥沢との戦いが全10話使って放送されました。
ジャンプで掲載されてたやつも「長いなー」と思っていましたが、アニメにすると話数は長いのですが、あっという間に終わった感じでした。
今回の相手白鳥沢学園には主将かつエースで全国トップ3のスパイカー「ウシワカ」という強敵がいました。

もちろん全国区のチームなので強いのはウシワカだけでなく、ゲスブロックの天童や次期エースの五色といった強力な面々が揃っています。
特に面白いなと思ったのが、性格の捻じ曲がった天童とウシワカが噛み合わない話をしているのに仲良く見えるところでした。

最初は稚拙なプレイヤーだと思っていた10番に得体の知れないものを感じた。
最後はむきになってしまった・・・幼稚か?

人の原動力なんて幼稚なもんなんじゃない?

最後ストレッチをしながらしている二人の会話がなんとも言えませんでした。

今回のMVPは間違いなく月島蛍

f:id:ztrabbit02:20161210185426j:plain

普段クールな月島がかなりの活躍を見せてくれました。
ほぼブロックできないようなウシワカのスパイクをたった一本ですがリードブロックでドシャットを決めるというファインプレー。
本人は試合後に「1本しか止めれなかった」と悔しがっていましたが、紛れもなく大きな一本だったと思います。

ウシワカのスパイクで指を痛めましたが、それでも最後までブロックに徹して、止められなくてもワンタッチに極力持っていくのがすごかったです。
しかもだいたいワンタッチしていたのは痛めている右手でした。
普通は手を引っ込めてもおかしくありませんが、勝ちへの執念が手を出させ続けたのかなと思いました。

そして、表彰式前の月島がトイレで悔しがっているシーン。
悔しがっている月島に対して、呼びに来た山口が「落ち込んでいる場合じゃない!次は全国だ!」と渇を入れるシーンは爆笑でした。
月島の唖然とした表情で更に腹抱えて笑いました。

最後はここぞというときの主人公日向

f:id:ztrabbit02:20161210185448j:plain

個人的に一番感動したのはウシワカに対して烏野メンバーで立ち向かっていくのを比喩的に表現しているところでした。
月島と日向を力で押さえつけるウシワカに、旭・澤村・田中の3人でそれをこじ開けるというのが表現されていました。
ジャンプで見たときは鳥肌が立ったのですが、今回は感動して泣いていました。

特に澤田に関してはかなりのファインプレーでした。
そして最後は、マイナステンポでくると見せかけて、ファーストテンポで全員攻撃に紛れ込んでからの日向のスパイク!
2ちゃんねるでも言われてましたが、アニメとは思えないカメラワークがすごすぎでした。

それから、アニメ内で及川と岩隈が語っていましたが、影山は影の功労者でした。
ウシワカのクロスを読んで日向と入れ替わったり、テンポを一つ下げた日向にトスをあわせたり。
天才が神がかっていたせいか及川はあまり面白くなさそうでした。

4期の内容予想、東京代表編?合宿&春高バレー編?

f:id:ztrabbit02:20161210185511j:plain

3期10話の最後は影山のユース合宿が決まったところで終わりました。
完全に4期へのまえふりなのだと思いますが、実際に4期でどの話をやるのか予想がしにくです。
というのも影山のユース合宿の話の前に東京代表の話も出ていたからです。

東京代表編は話の内容的にOVAとして出すのか、それとも本編として組み込むのか?
東京代表編がOVAになるのなら、4期本編は合宿&春高バレー編になるのではないかと予想しています。
東京代表編まさかのカットはファンとしては許せないので止めてほしいです。

今回一箇所だけ許せなかったのは、白鳥沢の試合後、3年生との別れのシーンが無かったことです。
漫画のほうを読んでいる人は知っているはずですが、試合後白鳥沢側ではウシワカが下級生一人ひとりにマジメにアドバイスを送ります。
そして、五色の番になったとき、思わず感動するようなメッセージを五色に伝えます。
ウシワカが五色に何を言ったのかはコミックスで実際に確かめてみてください。