MENU

桃太郎電鉄2017オンライン要素無し 3DSを持ち寄って遊ぼう

f:id:ztrabbit02:20161230182727j:plain

あなたの持ち物件売ってきたのね~ん。
ゲーム終盤になるとボンビーをなすりつけられてた苦労詐欺です。
あの懐かしのゲーム「桃太郎電鉄」が3DSソフトとして帰ってきました!

コンシューマでは6年ぶりの発売になるんだそうです。
僕は小学生の頃スーファミ版の桃鉄を持っていて、しょっちゅう友達とやっていました。
大体終盤になるとボンビーをなすりつけられて負けてました。
今回はそんな桃鉄2017について紹介していきます。

桃太郎電鉄とは?

f:id:ztrabbit02:20161230184348p:plain

1988年2月にハドソン(現コナミデジタルエンタテイメント)が鉄道を使ったボードゲーム形式のファミコン用ソフトとして発売したゲームが桃太郎電鉄です。
略し方は「桃鉄」や「桃電」などがあり、中心スタッフの何人かは別シリーズの「桃太郎伝説」を開発していたため、それと区別するために略称が複数ある模様。
ちなみに音楽面でサザンオールスターズの関口和之さん等の有名な方が関わっています。

また、この桃太郎電鉄シリーズは監督であるさくまさんから一度シリーズ終了宣言がなされています。
どうやら、ハドソンがコナミに買収されたあと、さくまさんがコナミスタッフと揉めて、「今後コナミで桃太郎電鉄を出す気はない」という意思表示のためのようでした。
その後、さくまさん監修のもと桃太郎電鉄のボードゲームが2012年にタカラトミーアーツから発売されております。

そして今回制作ヴァルハラゲームスタジオ、発売任天堂で6年ぶりの新作桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本が発売となりました。
サブタイトルが「たちあがれ日本」なので、前々から構想ができあ上がっていた復興支援関係の内容かと思われます。
発売が任天堂なので、この新作は3DSでの発売となっているようです。

カードや貧乏神等楽しい要素がいっぱい

f:id:ztrabbit02:20161230182852j:plain

ゲームの内容としてはゲームスタート時にプレイヤー全員に同じ額のお金を渡し、鉄道型のボードゲームを行って最終資産が一番多かったものが勝利となります。
プレイヤーは全員鉄道型のコマをサイコロを振って動かします。
主なマス目としては、止まってスロットを回して表示された金額分のお金の変化が起こるプラスマス・マイナスマスやスロットを回して表示されたカードがもらえるカードマスなどがあります。

様々なカードが用意されていて、引いただけで毎ターンお金を取られるデビルカード・リトルデビルカードやサイコロが倍増する新幹線カード・特急カードなんかがあります。
僕は運があまりよくないのか、デビルカードやリトルデビルカードはよく引いちゃってました。
機関車の進路を防げるうんちカードやランダムでどっかに飛ばされるぶっ飛びカード・1マスしか進めなくなる牛歩カードなんかもあります。

また、ただ資産を増やすことを目指すだけでなく、毎回どこかの駅がゴールとして指定されます。
一番最初についた人にはボーナスがもらえるなどメリットが大きいため大体みんな指定された駅を向かうことが多いです。
一発逆転狙いでぶっ飛びカードを使ったら、ゴールの東京どころかハワイに飛ばされたのはいい思い出です。

桃太郎電鉄2017ではキングボンビーのデザインがこれまでと違う

f:id:ztrabbit02:20161230183018p:plain

先程のも書きましたが、毎回どこかの駅がゴールに指定され、一番最初についた人にボーナスなどが出ますが、たどり着いた時点で一番遠いところにいる人にはボンビーがついてしまいます。
このボンビーはプレイヤーに対して様々な嫌がらせを行ってきます。
調べてみたらボンビーの嫌がらせが掲載されていたので、特に嫌なのをピックアップしてきました。

ボンビー嫌がらせ一覧
  • 物件を勝手に半額で処分されるor他人に譲渡される
  • カードを勝手に破棄される
  • デビルカードを勝手に入手してくるもしくはデビルカードの期間を延長してくる
  • 勝手に会社を設立して、ルーレットで名前を決めさせられ、失敗すると赤字で金をとられる
  • 爆弾で画面内の全員が吹っ飛ばされる
  • クイズを出してきて、正解してもなにもないけど間違えると罰金
その他詳しく知りたい方はこちらのボンビーの欄に掲載されています。

やられたら最悪な嫌がらせを大体毎ターンやってくるような感じですが。
ですが、このボンビーは一発逆転の要素で、実は他のプレイヤーとすれ違うことができればボンビーそのものを相手に移すことができます。
しかも通常のボンビーである「貧乏神」から違うやつに進化までします。

ボンビー進化先一例
  • ミニボンビー
  • ハリケーンボンビー
  • ボンビーモンキー
  • キングボンビー

上記は一例で、殆どがシリーズ通して出てくるボンビーでそれぞれ特徴のある嫌がらせをしてきます。
中でも一番最悪なのが、シリーズファンご存知のキングボンビー
ボンビーの進化はランダムで、進化の時にアニメーションがあるのですが、キングになった時の絶望感はすごいです。

キングボンビーがやってくる嫌がらせは貧乏神の嫌がらせを数倍にした感じなので被害金額とかがひどいことになります。
しかも、シリーズの途中からボンビラス星という星に連れて行かれます。
この星、出口が二択になっていて正解を選択しない限り何度もループさせられます。
しかも、この星には基本的にマイナスにしかならないマスしかなく、もはや地獄のような星です。

ちなみに僕は専門学校の修学旅行で夜中に友達と当時最新の桃鉄をやったのですが、ボンビラス星に飛ばされて地獄を見させられました。

今回桃太郎電鉄2017ではこのキングボンビーのイラストが新しくなりました。
なんだかんだでキングボンビー好きで、今までのイラストのイメージしかなかったので、新しいキングはなんかコレジャナイ感があります。
まぁ、そのうち慣れるかな~とも思っています。

f:id:ztrabbit02:20161230183112j:plain

余談ですが、このキングボンビーの極悪な性格は週刊少年ジャンプでお馴染み集英社の代表取締役鳥嶋和彦さんをモデルにしているんだそうです。
誰かよくわからないって人はバクマンあたりの漫画を読むとイメージしやすいかも

桃太郎電鉄2017にオンライン要素は無し3DSを持ち寄って楽しもう

f:id:ztrabbit02:20161230183343j:plain

今回の桃太郎電鉄2017ではファンからオンライン要素に期待されていましたが、オンライン要素は無いことが公式から発表されました。
みんなオンライン要素を期待していたのは、たぶんWii版あたりからWiFiを通してオンラインでの対戦ができるようになったからだと思います。
3DSならWiFi接続できますし、オンライン要素入れて対戦できるようにしてもよかったと自分も思います。

Wii版でオンライン要素が入ったことで一時期ニコニコの生放送とかでもオンライン対戦をしているところが放送されていました。
モンスターハンターやグランドセフトオート・ポケットモンスターなんかもそうですが、オンライン対戦・マルチできるようになって一気に活性化されたと思います。
3DSの画面を映しての実況は大変ですが、桃太郎電鉄2017にもオンライン対戦が付けばかなり活性化するんじゃないかと思います。


中古Wiiソフト桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻 [廉価版](状態:外装紙スリーブ欠品)2,180円

ただ、オンライン対戦はありませんが、本体を持ち寄って4人までなら同時対戦が可能になっています。
誰か一人が桃太郎電鉄2017の本体を所持し、他の3人は無料の対戦専用のソフトをダウンロードしてこればその場で対戦プレイが可能です。
この仕様がどう転ぶかはわかりませんが、もしかしたら昔のモンハンみたいな光景が正月あたりに見られるかもしれませんね。

なんだかんで桃鉄は盛り上がります

f:id:ztrabbit02:20161230183744p:plain

リアルで喧嘩になりやすいソフトの代表格になっている桃太郎電鉄ですが、なんだかんだでこのゲームは面白いです。
確かにキングボンビー等のボンビーをなすりつけられると(`・ω・´)ムッキー!ってなりますが、一発逆転要素としてはしっかりできていると思います。
今年のお正月は親戚と桃太郎電鉄2017をプレイしてみてはいかがですか?
家族や友人・恋人とプレイしても盛り上がるゲームだと僕は思います。


桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!4,580円


中古PSソフト桃太郎電鉄71,100円